2016年02月03日(水)

A.インプラントは歯と同じものですか?

 

Q.質が異なるのでお手入れや管理に手間がかかります

 

「歯が無くなってもインプラントがあるから」と安易に考えている方がいらっしゃるようですが、実は、インプラントは天然歯よりも管理が非常に難しいのです。

 

高齢のご夫婦 

 

天然歯の場合、歯周病で歯槽骨(歯を支える骨)が吸収し始めても、ごく初期の場合は歯周治療によって歯槽骨が再生され始めます。

 

しかし、インプラントの場合は、歯槽骨が再生することはありません。

 

インプラントは歯槽骨とくっつきやすくするために表面がざらざらしています。
インプラント周囲炎(インプラントとその周囲に起こる炎症)を発症してしまうと、このざらざらした面が口腔内に露出してしまい、管理が非常に難しくなります。
そのため、インプラントを永くご利用いただくためには、インプラント周囲炎にならないようケアを徹底することが重要になります。

 

さくら歯科では、歯科衛生士によるケアと並行して、患者さまご自身のセルフケアが徹底していないと、つまり、お口の中の状況がベストでないと、インプラント手術はしません。

 

歯みがき 

 

すぐにインプラント手術が受けられること、安価なことが良いことのように思えますが、インプラントは術前・術後も含めて大変手間がかかるのです。

 

歯のウソ・ホントQ&A一覧へ