ホーム > 患者さまの声 > 体験談【80代の患者さま】

歯の痛みが原因で体重が17kgも減っていました
院長先生の『自分もがんばります』という熱意が嬉しかったです

Fさん(80歳 通院歴1年 ※取材当時)

さくら歯科体験談 

刺し身と鶏のから揚げが大好きだというFさん。
今はすべての歯の治療を終えて、何でも食べられるようになったそうですが、
初めてさくら歯科に来院された時は、ひどい歯の痛みに悩まされ、
ほとんど何も食べられない状態でした。

 

痛みで食べ物が噛めず、食事はおかゆだけに

 

Fさん「2年半くらい前に歯が痛み出して、ある歯医者さんに通い始めました。
入れ歯にしたんですけど、左下の入れ歯にしなかった歯の痛みがとれなくて。
痛いことは何度も伝えたけれども、『異常ありません』と言われて治療が終わりました。
でも、あんまり痛くて仕方がないので、私の脚で行ける範囲の別の歯医者さんに行きました。
足腰が弱いから、遠くまで行けないんですよね。
治療してもらったんですけど、結果として痛みはとれませんでした。」

 

夜になると痛みが増して眠れず、ベッドに座ったまま泣いていたそうです。

 

Fさん「なかなか食べ物が噛めないんですよ、痛くて。
だからおかゆを作って飲み込んでましたね。
あとはジュースと牛乳を飲むくらい。
そうしたらどんどん痩せて、体重計にのるたびに不安でいっぱいでした。」

 

さくら歯科体験談

 

57kgあった体重は40kgにまで減ってしまったFさん。
かかりつけの循環器科の先生に栄養失調と診断され、ビタミン剤を出してもらったそうです。

 

Fさん「栄養失調になっていると言われた時のショックは、何とも言えませんでした。
一緒に住んでいる家族は、朝7時過ぎに仕事に出て、帰ってくるのは夜の8時過ぎなんです。
昼間は一人で、体力もないし、痛いし、前かがみでヨロヨロしてましたから、私も不安、家族も不安でしたよね。
夏休みの間は、小学4年生の孫が『ばあちゃんの面倒みてやる』と言って毎日来てくれてたんですよ。
それは心強かったですね。
もう忘れないですね。」

 

半年間 痛みに耐えてさくら歯科へ

 

頭のてっぺんからじーんとくるような痛み。
夜になると特に痛くなり、眠れない日々。
Fさんの様子を見かねた息子さんが、自分が通院したことのあるさくら歯科にお連れくださったのは、
他院での治療を終えてから半年後のことでした。

 

Fさん「息子の仕事が終わり次第、夕方6時過ぎに行ったんです。
息子は『もう手遅れじゃないね?』と言ってたんですけれど、
院長先生が『手遅れじゃないように、自分もがんばります』と言ってくれたんです。
その熱意が嬉しかったですね。
私の痛みを先生が聞き入れてくださったのが嬉しかった。
本当に感謝申し上げております。」

 

仕事が忙しい息子さんに迷惑はかけられないと心配していたFさんに、
さくら歯科では、ひとり暮らしのお年寄りや自分で通えない方のために、送迎サービスをしていることをご案内しました。

 

Fさん「院長先生から送迎してもらえることを教えていただきました。
息子は痛がってる私を気にせず仕事ができますでしょ。
ずっと迎えに来てもらってますよ。
家族も安心、私も安心です。」

 

家族で焼肉へ 食べ物が食べられる嬉しさを実感

 

唾液検査やレントゲン、ハミガキの指導など、今まで経験したことがない診療に驚いたというFさん。
検査の結果、噛み合わせが左右でズレていたことがわかり、歯周病もあったため、
全体を治療し直すことになりました。

 

Fさん「痛みがあった歯の根っこの治療をして、差し歯を入れていただいたんですよね。
それで痛みが軽減したんです。
もう助かりました、本当に。」

 

さくら歯科体験談

 

Fさん「噛めるようになってから、家族で焼肉屋さんに行ったんですよ。
食べ物が食べられるという、こんなに嬉しい思いをしたことはなかったですね。
家族も私の姿を見て『よかったね〜』って喜びましたよ。」

 

80歳から始めたメインテナンス 今からでも遅くない

 

現在は3ヶ月に1回のメインテナンスに通うようになったFさん。
さくら歯科の指導を受けてから、ハミガキの仕方が変わったと話してくださいました。

 

Fさん「あの痛みに比べたら、3ヶ月に1回定期検査に通うなんて大したことないですよ。
歯科衛生士さんが熱心にハミガキの指導をしてくださいます。
前は朝と、夜は簡単に磨いてたんですけれど、今は朝昼晩1日3回必ずハミガキしてますよ。
鉛筆握りで歯ブラシを持つことを教わりましたよ。
前はゴシゴシやっていて、根本的に間違ってたんですね。
80歳になってゼロからなんて恥ずかしいんだけど、今からでも遅くないかなと思って。
歯間ブラシも指導していただきました。
テレビを見ながらでも、暇を見つけて歯間ブラシもしていますよ。
せっかく治してもらったから、長生きさせていただいて、維持していきたいですね。」

 

笑顔が戻ったおばあちゃんにお孫さんも笑顔

 

お孫さんもFさんもSMAPが大好きで、次のコンサートは一緒に行きたいねと話しているそうです。

 

さくら歯科体験談 

 

Fさん「昨日、看病してくれていた孫が遊びに来て、らくがき帳に『笑』の一文字を書いてくれたんですよ。
『ばあちゃんがこんなに笑顔になったから、自分も嬉しい』という意味なんでしょう。」

 

さくら歯科体験談 

 

歯の痛みで2年以上苦しんだFさんは、若いお母さんに伝えたいことがあると言います。

 

Fさん「小さいお子さんは特に歯を大事にして、私みたいな思いをさせないでほしいですね。
痛む前に歯医者さんに連れて行ってあげてください。
私のように痛みが出てから行くより、ずっと良いと思います。
歯は健康の源じゃないですか、食べるということは。
歯がダメだと体がボロボロになってしまうから。」

 

初めて来院された頃はとても辛そうだったFさん。
私たちもFさんに笑顔が戻って、とても嬉しいです。

 

ご高齢の方はお口の健康維持を諦めていらっしゃる患者さまが多いのですが、
Fさんのように、治療とメインテナンスで健康状態が良くなる方がいらっしゃいます。
ご高齢の方でもあきらめずに、さくら歯科までお問い合わせください。

大人の歯の治療と予防について詳しくはこちらをご覧ください。